2013年5月27日

2013エコラの森 植林活動のご報告


5月25日宮城県鳴子の森で、日本の森バイオマスネットワーク主催の植林活動に参加してきました。
「山への恩返し」として参加している、毎年の恒例行事。
今回も匠家スタッフ全員と、協力業者さんも一緒に13名で頑張ってきました!!

ひとり1本くわをもって
斜面に張ったひもについている
目印に合わせ苗木を植えます。

くわを使いなれていないと
穴を掘るだけでもひと苦労・・。
つい腕に力が入ってしまいます。


ヒノキの苗木には裏表があって
お日さまの方向に表を向けないと
ぐるりとねじれた木になってしまうそう。

ちゃんと根を張り立派な木に育って
くれるよう、丁寧に植えていきます。



こちらの牛さんたちは、苗木を植えた
場所の下草を食べてくれます。

ひとなつっこくてとってもかわいい。
山を育ててくれる一員です。




今年は約1000本以上の苗を1日ですべて植え終わりました。
匠家スタッフも毎年参加し続けていくうちに、だいぶ板についてきたようで要領よく作業が進みました。
ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました!!

「山を育てる」ことはとてもとても大変です。
次の世代へ、豊かな資源・自然環境を残していきたい。
木の家を手掛けるプロとして、山の成り立ちを知り、体験し、伝えていきたいです。

「山へ恩返し」 これからも積極的に活動に参加していきたいと思います。


ページトップへ