匠家の仕様

家をつくる材料は本当にたくさんあります。
住むひとにやさしく、環境に負担がかからず、長く使うことができる。
匠家がひとつひとつその良さと安全性をたしかめ、自信を持っておすすめできる材料でつくる、匠家の代表的な仕様をご紹介します。

 木材

一般構造:国産杉(くんえん乾燥)  土台:能登ヒバ(木酢液漬)

国産の無垢材を使用しています。くんえん乾燥は、ゆっくりと木材をいぶしながら乾燥させる方法です。
木の調湿性能を損なうことなく、防虫、防腐に効果を発揮します。
また能登ヒバは湿気に強く、非常に腐りにくい優れた耐久性を持った木で、土台の材に適しています。

 サーモウール

羊の毛でできた断熱材。湿度調整に優れており、室内を快適湿度に保ちます。
表面が濡れることなく壁内結露を防ぐので、ダニ・カビの発生を抑え住む人の健康を守ります。
湿度の高い山梨の気候にぴったりの調湿能力に優れた断熱材です。

 珪藻土(内壁材)

珪藻土は「調湿」の機能に優れ、湿気による結露を防止し住まいを
長持ちさせます。
断熱・保湿効果で、夏は涼しく、冬は暖かい。 無数の気孔が空気の層となり、
外気温に影響されにくい室内環境が得られます。

 西洋漆喰(外・内壁材)

石灰石が主成分の自然素材。合成接着剤を一切使用しておらず天然無機質100パーセント。
空気中の汚れを吸って黒ずんだり変色する事が少ない性質を持っています。
たとえ汚れても自己浄化作用や汚れの落ちやすさも大きな特性です。

 無垢の床材

天然木を一枚の板に加工したもので、木のやわらかな質感や肌触りを楽しむことができます。
足にかかる負担も少なく、ヒヤッとするつめたさがありません。
だんだんと色合いが変化し、経年するごとに味わい深い雰囲気へと変わっていきます。

 無垢の建具

既製品にはない、あたたかさをもつ木製建具。
空間の雰囲気がぐっとやさしく、やわらかくなります。
使う場所によってガラスを入れて光を通したり、広々と見せたり、さまざまなデザインでひとつひとつ丁寧におつくりします。

 和紙壁紙(天井)

植物を原料につくられる和紙は、独特の風合いがあり、機能面においても優れています。
繊維が光を乱反射させるので、照明の明かりをやわらかく感じさせます。
また、自然素材ならではの調湿・保温効果も期待できます。

 桐の押入れ、クローゼット

調湿をしてくれます。虫がつきにくい素材です。

衣服をはじめ、大切なものをしまっておく場所に適しています。

ページトップへ