ソーラーシステム「そよ風」

我が家に草原の爽快感、陽だまりのぬくもりを

太陽熱や夜間の放射冷却を利用し、屋外の空気を暖めたり冷やしたりして室内に導入する≪そよ風≫は、環境に負荷を与えず、ひとにやさしい温熱環境を生み出す装置です。
朝夕の温度差を少なくし、冬は暖かく、夏は涼しくします。年間を通じて穏やかな温熱環境をつくるシステムです。


太陽熱で暖房
太陽熱で空気を温め、床下に送るので、暖房エネルギー代はいっさいかかりません。
(送風ファンには電気を使います。)

夜も陽だまりの暖かさ
日中に取入れした熱は、床下のコンクリートに蓄熱されて、夜に少しずつ放熱しますので夜も暖かさが続きます。

家の隅々まで暖かい
床下を通じて、通常暖房を入れづらい北側の台所、脱衣所、トイレに空気を廻すことができますので、家じゅう隅々まで暖かです。

大きな吹抜けでも底冷えしない
吹抜けは、室内の上下の温度差が生じて底冷えしますが、≪そよ風≫は床下に暖かい空気が送り込まれますので底冷えしません。

朝に高原の涼しさ
夏の夜間は放射冷却現象によって冷やされた空気を室内に取入れることができますので、朝には高原の涼しさを感じられます。

小屋裏も暑くない
≪そよ風≫は夏の日中の暑い空気を遮断された屋根の上で排気しますので、日中小屋裏が暑くなりません。

気持ちのよい空気感
外の空気を取り入れて暖めるので、室内の空気は常にきれいです。



ページトップへ