日本の木をつかう


人にやさしい環境をつくる「木」は、日本の風土に合った住文化です。 昔から受け継がれてきた木の文化は、わたしたちの暮らしに適した自然からの贈り物です。木の家は快適に過ごせるやすらぎの空間を与えてくれます。

匠家では、日本のどこの山で育ち、どのような工程を経て材料となるのか、トレサービリティがはっきりとわかる木材を使います。

家族を包む家の材料が、安全なものであることを明らかにしています。
また、薬剤処理をせず防腐、防虫に効果を発揮する「くんえん乾燥」を行っています。


 くんえん木材のページ


匠家は「日本の山がもっと元気になるように」と願いを込めて国産材で家づくりをしています。

日本の森バイオマスネットワーク

匠家は「日本の森バイオマスネットワーク」の山梨支部を務めています。

森と暮らそう、森を再生しよう。  (日本の森バイオマスネットワークホームページより)


森林は日本の国土の約7割を占めており、世界的に見ても有数の森林保有国です。
そしてほんの数十年前まで私たちの暮らしと森林は切っても切れない関係にありました。木の家に住み、日々の生活にも薪や炭が欠かせませんでした。

ところが木造住宅が減り、石油やガスの使用が増えるに従って国産材や薪炭は次第に使われなくなり森は荒れていきました。
しかし近年、森林の持つ二酸化炭素の吸収機能や治山・防災機能のほか、再生可能なエネルギー源としてその価値が見直されています。

自然との共生が求められる現代社会に、もう一度森と暮らすライフスタイルを広めて荒廃した森林を再生したい。
NPO法人日本の森バイオマスネットワークはそんな思いを持った全国の仲間のネットワークです。

このネットワークがもっともっと広がるよう、匠家も活動に積極的に参加しています。




ページトップへ