新建ハウジングプラスワン掲載

plus1-1708.jpgのサムネイル画像

新建ハウジングプラスワン8月号に匠家が掲載されました。
匠家の展開するブランド「KESHIKI」についての特集です。
ぜひ、ご覧ください。
(画像クリックで記事にリンクしています。)





今年で10年目「山へ恩返し・植林ツアー」へ行きました

shokurin17-1.jpg
5月26~28日にかけて、宮城県鳴子にて開催される植林活動へ参加してきました。
使った分を山へ返そう。「山へ恩返し」の気持ちを込めて行う匠家の毎年恒例行事。
活動を始めて今年で10年目を迎えました!!

shokurin17-2.jpg

毎年、植える場所のコンディションはさまざまです。
今年は、かなりの急斜面‥!
あらかじめ植える場所に目印を立ててくれてありましたが、そこにたどり着くまでが一苦労。
落ちないように慎重に、1本1本ていねいに植えていきます。

shokurin17-3.jpg

この苗が育ち、木材として使用できるのは約60年後。
元気な森のサイクルを確立するには、さまざまな仕事があります。
植林はその中のひとつ。ちいさなお手伝いですが、木の家をつくるつくり手として山の仕事を体験し、豊かな森をつないでいけるよう、活動を毎年続けて次の世代へ受け継いでいきたいと思います。

2017年 新年のご挨拶

DSC01980.jpg


新年、明けましておめでとうございます。

新しい年が皆様にとってよい年になりますようお祈り申し上げます。

スタッフ一同、新たな気持ちで頑張ります!

今年もよろしくお願い致します。


平成29年 1月 7日 株式会社 匠家
       代表取締役 中村 伊伯
                   社員 一同
 


 

今年も大盛況 「匠家 お客様感謝祭」


今年で8回目、毎年11月に開催している『匠家 お客様感謝祭』。
木の国サイトにて規模を拡大してから4回目、初めての晴天に恵まれました!
お世話になったみなさまに感謝の気持ちを込めて、数か月前から準備を進めてきました。
当日は82組・293名の方にお越しいただき、大盛況となりました。
お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。



今年は木工教室・えんにちコーナーを外に移動しました!
毎年大人気の木工教室はカラーボックスにぴったり収まる木箱を作りました。
えんにちコーナーは射的・輪投げに加え、今年はスーパーボールすくいと
わたあめが仲間入りです。



優勝者には折り畳み自転車をプレゼント!丸太早切り大会には20名の方にご参加いただきました。
お子様の参加もあり白熱しました!
各スタッフが厳選した商品が当たる大抽選会や、匠家グッズが詰まった福袋がもらえる
社長とのじゃんけん大会も盛り上がりました。



飲食コーナーはプロの屋台が並びます。
まりこさんお手製の野菜たっぷりなおすいとんも大人気です。

今年もたくさんのみなさまの笑顔にお会いでき、
スタッフ一同充実感でいっぱいです。
また来たいと思っていただけるよう、
来年も頑張りますので期待して下さい♪

今後とも匠家をよろしくお願い致します。


「山へ恩返し」 植林へ行ってきました!!

IMGP2329.jpg
匠家の毎年の恒例行事!! 「山へ恩返し・植林ツアー」へ行ってきました。
使った分を山へ返そう、山の仕事を体験して、元気な山のサイクルの手助けをしよう。
今年で9回目となる恩返しツアー、今年はどんな作業が待っているのか・・期待と不安を胸に山へ向かいます。


以前、この山はリゾート開発が
される予定でしたが、
計画がなくなり、荒れ果ててしまったそう。

豊かな山のサイクルを取り戻すため
1本1本、ていねいに苗木を植えていきます。

今回はわりと平らな場所で安心・・
と思いましたが、土の中には石がごろごろ。
一部、立つのがやっとな急斜面もあり
そこにもしっかり植えてきました。
ひとすじではいかない山の作業・・。



くわを持って、土を掘る。
普段はなかなかしない作業です。
年に一度の事でも、ちゃんと体が覚えてる!!!
そんな事に小さなよろこびを感じながら
もくもくと作業が進みます。

この苗木が立派に育つのは
約60年後だそうです。
ここにいたほとんどの人は
見ることができません。

だからこそ活動を毎年続けて、次の世代へ
受け継いでいくことが大切です。
匠家もこの活動をたくさんの方に
知ってもらえるよう、これからも積極的に
参加していきたいと思います。



今年で7回目!! 『匠家 お客様感謝祭』開催


今年で7回目、木の国サイトにて規模を拡大してからは3回目となる『匠家 お客様感謝祭』
毎年同様、お世話になったみなさまにたくさん楽しんでいただけるよう、
さまざまなイベント・食べ物などを用意しました。
当日は朝からあいにくの雨‥。
しかし匠家スタッフ&協力業者さんたちの手によって大きなシートを張り、
無事にメインイベントの模擬上棟式を行う事が出来ました!!



ものづくりコーナーは毎年大盛況!!大工さんの木工教室は多目的ベンチor小物入れを作成。
工作コーナーではコルクに造花などでデコレーションしてつくるマグネットをつくりました。





今年は各スタッフが厳選した個性あふれる品を用意し、大抽選会を行いました。
社長賞はディズニーリゾートペアチケットです!!
3回目を迎える丸太早切り大会には20名の方にご参加いただきました。
今まではお父さんの参加が多かったのですが、女性やお子さまの参加者も増え白熱戦となりました!!
どちらもYBSの櫻井アナウンサーの軽快な実況で盛り上がりました!!



天候が悪い中、たくさんの方にお越しいただくことが出来ました。
お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

感謝祭は、匠家の一大イベント!!
みなさまの笑顔にお会いできるのがスタッフ一同とても嬉しいです。
来年も楽しみにしていただけるイベントを目指して企画しますので、期待して下さい♪

来年こそは晴れますように~!!!

今後とも匠家をよろしくお願い致します。


毎年恒例「山へ恩返し」ツアーに行きました!


5月23日に宮城県鳴子にて、日本の森バイオマスネットワーク主催による植林活動に参加してきました。
「山への恩返し」として、今年で8年目になる毎年の恒例行事です。
匠家スタッフと協力業者さんにもご参加いただき、さまざまなつながりで集まった方々と、いざ山へ!


今回は約2500本の杉の苗木が
用意されていました。
家を建てるために使った分は
山へ返したい。
感謝の気持ちをこめて植えていきます。

植える場所のコンディションは
その年によってそれぞれ。
今年は斜面や沼地があり、去年よりも
ハードでしたが、みんな頑張りました!



苗木はとてもデリケート。
根っこが出ないようきちんと植えないと
根付かずに枯れてしまいます。

枝や石がごろごろしているので
穴を掘るのも一苦労ですが
数十年後、豊かな森となるように
一本一本ていねいに植えていきます。


予定していた場所に植え終わったので
次の植林の時期まで苗木をまとめて植えておく
「加植」という作業をしました。
この状態で、次の植林の時まで
苗木たちは出番を待ちます。


木の家をつくるつくり手として、
山の成り立ちを知り、体験し、
豊かな自然を次の世代へつないでいけるよう
「山へ恩返し」にこれからも積極的に
参加していきたいと思います。


リクシルメンバーズコンテスト2014 エコロジー賞を受賞しました!

リクシルメンバーズコンテスト2014にて
リフォーム部門「エコロジー賞」を受賞しました!

地域の工務店の設計・施工力の向上を目的とした住宅施工例コンテストで、2014年は新築とリフォーム部門を合わせ全国で1987件の応募がありました。

その中で、表彰されるのは50件…
狭き門をくぐりぬけ、河西が設計を担当したリフォームO様邸がエコロジー賞に選ばれ、2月12日に開催された授賞式に参加してきました。

 


この受賞を励みに、よりよい住まいをみなさまにご提案できるよう
ますます頑張っていきたいと思います。


↓O様邸はこちらからご覧いただけます
施工写真  まりこの部屋バックナンバー

また、3月に発売になる書籍
「心地よい暮らしの間取りとデザイン」にも
O様邸が掲載されます。

ぜひぜひご覧ください!!


毎年恒例イベント 『お客様感謝祭』 を開催しました


今年で6回目を迎える『匠家 お客様感謝祭』。
今年も前年同様、お世話になったみなさまにたくさん楽しんでいただけるよう、
さまざまなイベントを木の国サイトにて開催しました。
1番盛り上がったのが、模擬上棟式!  天候が心配されましたが、無事にもち投げをすることが
できました。



一番人気なのは、大工さんの木工教室!今回は物入れにもなるトートベンチをつくりました。
射的コーナーも大人気♪本格的な射的銃を用意して、大盛況でした。





去年、とても盛り上がった参加型イベント「丸太早切り大会」。今年も開催しました。
優勝賞品は折り畳み自転車!20名の方にご参加いただきました。
YBSの櫻井アナウンサーがお祭りに参加し、応援してくれました!!



天候が優れず心配でしたが、たくさんの方にお越しいただくことが出来ました。

みなさまの笑顔にお会いできて、スタッフ一同とても充実した時間を
過ごすことが出来ました。

毎年、楽しみにしていただけるイベントを目指して来年もがんばりますので、
期待して下さい♪

お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

今後とも匠家をよろしくお願い致します。


採択決定!! 100万円の補助が受けられます!!

地域型住宅ブランド化事業 「KAIWA(甲斐環)な家」が採択されました!!
国から1棟あたり 100万円 の補助金を受けることが可能です!!


※今期の補助金の枠は終了いたしました。次回の募集についてなどの詳細はお問い合わせください。


KAIWA(甲斐環)な家とは??

良質な住宅をつくり、長期にわたってしっかり守ることを基本とした、風土に根ざした環境にやさしい住まいです。
省エネ等級4をはじめ、環境に配慮したさまざまな条件を満たしています。

国土交通省が採択したグループのみが施工できる長期優良住宅で、100万円の補助を受けることができます。


長期優良住宅「甲斐環な家」 施工例







山へ恩返し・植林ツアーに行ってきました!


5月24日に宮城県鳴子にて、匠家の毎年の恒例行事!!
日本の森バイオマスネットワーク主催による植林活動に参加してきました。
「山への恩返し」として今回も匠家スタッフ全員と、協力業者さんもご参加いただき15名で頑張ってきました。

毎年行っている植林活動。
家を建てるために使った分の苗木を、
感謝の気持ちをこめて植えていきます。

山へ恩返しの活動を始めて7年目。
年々作業が効率よく進むようになってきました。
植林は午前中で終わり、
午後は2チームに分かれ初めての作業へ!



苗木を運んで、まとめて植えておく
「加植」という作業です。

今年の春の植林はこれで最後になるので
あまった苗を保管しておきます。




この状態で、次の秋の植林の時まで
苗木たちは出番を待ちます。

苗木の束はずっしり重たく、力が必要。
若手(?)男子チームが頑張りました。



もうひとチームは「皮むき間伐」に挑戦です。

木の皮をむいて、立ち枯れさせます。
実際に切り倒す冬には、約半分の重さに
なっているそうです。

また、乾燥した状態になっているので
すぐに材料や燃料としてつかえるのだそう。


のこぎりで1周ぐるっと表面を切り
竹のへらをぐいっと差し込こんで
あとは、手でひっぱっていくと…
びっくりするくらい、きれいに皮がはがれます。
感動します!

貴重な体験をさせていただきました。



これ以外にも、山を育てていくのにはたくさんの作業があります。
木の家をつくるつくり手として、山の成り立ちを知り、多くの方に知ってもらうため、
「山へ恩返し」にこれからも積極的に活動に参加していきたいと思います。


最大100万円!長期優良化リフォーム

「長期優良化リフォーム推進事業」とは・・
リフォーム及び適切なメンテナンスにより既存の住宅の性能を上げて、良質な住宅の流通を促進するために始まった制度です。

対象のリフォーム工事を行うと、最大100万円の補助が受けられます!

断熱、性能向上を図るリフォームなど、住宅の長寿命化に関する工事が補助の対象になります。


●お風呂、洗面所のリフォーム


 劣化しやすい水回りの改修で 最新のあたたかいお風呂へ入替!!


●断熱改修
 


 断熱性の高い窓に変更。 内窓をプラスしたり、複層ガラスに交換など。



他にも、こんなお悩みのある方はぜひご相談ください!!
●床がきしむ、へこむ     ●窓が結露する    ●雨漏りの心配がある     ●シロアリ対策をしたい   
●ヒートショックの対策(家の中の温度差を軽減したい)  など

※補助金の対象になる工事、建物には一定の基準があります。
※工事金額により補助金の額は異なります。
国土交通省ホームページ→http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000496.html

リフォームを検討中の方に、とってもおトクな見逃せない制度です!!
詳しくはお気軽にお問い合わせください。 匠家 055-261-3748

「お客様感謝祭」が山梨日日新聞に載りました!

匠家10周年記念・お客様感謝祭の様子が、11月12日の山梨日日新聞に掲載されました。(クリックで拡大します。)
詳しいご報告はトピックスにUPしましたので、こちらもあわせてご覧ください。
 ⇒お客様感謝祭報告

国産スギ材の家で、疲れた脳が回復!

天然杉材で疲れた脳が回復!

天然の国産杉材を使用した家と、合板などの新建材を使用した家とでは、住み心地に差があるのか?

天然材の家では疲れた脳が回復しやすく、体も活動的な状態になることを突き止めたそうです。

木の家をつくる私たちにとって、とても興味深い記事でしたのでぜひご覧ください。

←クリックで拡大します。
9月21日山梨日日新聞掲載


第1回 地域材担い手セミナー

第1回 
地域材担い手セミナー
H25 in山梨

10月26日(土)
13:00~16:45(会場12:30)
恩師林記念館 大会議室
  甲府市丸の内1-5-4
  舞鶴城公園内
◎定員200名
◎参加費無料


㈱匠家の代表取締役
中村伊伯がパネリストとして
参加します!!



=地域の設計者・建設会社・工務店は、どう中大規模木造に取り組むか!=
多くの公共建築等が林産地においては、木造化・木質化されつつあります。
ですが、地方中核都市での中大規模木造建築物は、それほど多く実現できていません。
様々な課題に取り組んできた講師による事例発表とパネルディスカッションから、山梨で中大規模木造建築物をどう取り組むかの方向や目的を探るセミナーです。

山梨県木造住宅協会 代表理事であり㈱匠家の代表取締役、中村伊伯がパネリストとしてディスカッションに参加します。

お問い合せ先 ㈱匠家 055-261-3748
         山梨県木造住宅協会 055-298-4141

参加申し込みは10月18日までです。興味のある方は、ぜひご参加下さい!!

2013エコラの森 植林活動のご報告


5月25日宮城県鳴子の森で、日本の森バイオマスネットワーク主催の植林活動に参加してきました。
「山への恩返し」として参加している、毎年の恒例行事。
今回も匠家スタッフ全員と、協力業者さんも一緒に13名で頑張ってきました!!

ひとり1本くわをもって
斜面に張ったひもについている
目印に合わせ苗木を植えます。

くわを使いなれていないと
穴を掘るだけでもひと苦労・・。
つい腕に力が入ってしまいます。


ヒノキの苗木には裏表があって
お日さまの方向に表を向けないと
ぐるりとねじれた木になってしまうそう。

ちゃんと根を張り立派な木に育って
くれるよう、丁寧に植えていきます。



こちらの牛さんたちは、苗木を植えた
場所の下草を食べてくれます。

ひとなつっこくてとってもかわいい。
山を育ててくれる一員です。




今年は約1000本以上の苗を1日ですべて植え終わりました。
匠家スタッフも毎年参加し続けていくうちに、だいぶ板についてきたようで要領よく作業が進みました。
ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました!!

「山を育てる」ことはとてもとても大変です。
次の世代へ、豊かな資源・自然環境を残していきたい。
木の家を手掛けるプロとして、山の成り立ちを知り、体験し、伝えていきたいです。

「山へ恩返し」 これからも積極的に活動に参加していきたいと思います。


匠家ショールームお休みのお知らせ

誠に勝手ながら、2013年5月24日(金)~26日(日)の3日間
匠家ショールーム・事務所ともにお休みさせて頂きます。

宮城県エコラの森植林活動。今年もスタッフ全員で参加してきます。

実際に山へ入り、木の苗を植えます。

「山への恩返し」として毎年行っています。

木の家を手掛けるつくり手として
林業を体験し、山を知ることで
身をもってたくさんのことを学んできたいと
思います。


ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。
植林の様子は、後日ホームページや各ブログにてご報告致します。


そよ風シート看板が出来ました!

自然の力を利用し、屋外の空気を暖めたり冷やしたりして室内に導入するソーラーシステム「そよ風」。

「そよ風」の現場用看板シートが出来ました。
イラストレーター浅生ハルミンさんのイラストが目を引く、素敵な仕上がりです。

6月に構造見学会を予定している、甲斐市の現場から掛けていく予定です。

環境創機㈱さんのHPの、トップページに匠家の写真を使っていただきました!!ぜひご覧ください。



北岳山小屋にペレットストーブを設置しました!!

北岳 標高3193m
シーズンは登山者でにぎわう、日本で2番目に高い山です。

北岳の標高2900mにある山小屋
「北岳山荘」と標高2200mにある
「白根御池小屋」にペレットストーブを設置してきました。

環境にやさしいエネルギー「ペレット
実際に見て、体感することでペレットの良さをたくさんの方に
知ってもらいたいです。
ペレットの普及につながるようこれからも取り組んでいきたいと
思います。



エコラの森 植林活動に参加してきました!!


5月26日・27日の2日間、エコラ倶楽部宮城支部主催の植林活動に
参加してきました。
「山への恩返し」として参加している、毎年の恒例行事。
今回はスタッフ9名全員、初参加のスタッフも引き連れいざ宮城へ!!

匠家の燻煙木材を伐採している
栗駒木材スタッフによるレクチャーです。

山師と呼ばれる山のプロ。
軽い足取りで斜面を登り、
すばやく丁寧に苗木を扱う姿は
とてもかっこいいです。


匠家スタッフも杉の苗とくわを抱えて
作業開始です。

立っているのがやっとな急斜面。
枯れ枝や草が生い茂る中、
みんなで登り苗木を植えていきます。



1本1本、丁寧に。
立派な木に育ちますように。

想いを込めて植えていきます。

2日間で植えた苗木の本数は
なんと8000本です!!




ともに植林活動を頑張ったみんなで記念の一枚。おつかれさまでした!!

この苗木が育ち、間伐・下草刈りをへて伐採を予定しているのは約60年後です。
次の世代へ、豊かな資源・自然環境を残していきたい。
木の家を手掛けるプロとして、山の成り立ちを知り、体験し、伝えていきたいです。

スタッフ一同、くたくたに疲れながらも貴重な体験ができたことに喜びを感じています。これからも積極的に活動に参加していきたいと思います。


くりこまの木 放射能分析結果報告

 匠家では、宮城県栗駒地方で
 採れた木材を構造材に
 使用しています。
 
 東日本大震災による
 福島第一原発の事故後、
 木材は専門機関にて
 検査を受けており、安全性を
 確認しています。
 

 ←結果報告書のデータです。
 今後も定期的に検査を続けて
 いきます。
 


また、木の幹はほとんどが生命活動を終えた細胞から成っています。
根から水分や養分をはこぶ細胞は木の幹の外側にあり、構造材に加工する
段階で切り落としてしまいますので、内部に放射能が含まれる可能性は
非常に低いです。

みなさまが感じる不安を取り除くことができるよう
スタッフも日々勉強中です。
気になること、ご質問等ございましたらお気軽に
お問い合せください。


「手のひらに太陽の家プロジェクト」からのお知らせ


匠家が加盟している『日本の森バイオマスネットワーク』から生まれた
手のひらに太陽の家プロジェクト。
「手のひらに太陽の家」とは東日本大震災で被災した子どもや親子のための復興支援施設です。国産材と自然エネルギーを活用した安心・安全な住環境で、他の入居者と共に生活しながら復興へのステップを踏み出すことができます。
先日、この「手のひらに太陽の家」の地鎮祭が行われ、匠家スタッフ上島が参加してきました。

来年3月に完成予定で、入居者を募集しています。仮設住宅の入居者や県外への避難者で、特に自立が困難な方を優先的に入居受付します。

募集についての詳細は⇒
 手のひらに太陽の家ホームページ 
または匠家・上島までお問い合せ下さい。 




山梨日日新聞 ペレットストーブ記事

平成23年11月27日の山梨日日新聞にペレットストーブの記事が掲載されました。
CO2排出量を抑えることができるペレットへの関心が高まっています。

匠家でも昨年から販売施工を開始し徐々に問い合せの件数が増えています。

地球にやさしいペレットを使うことは森を守り林業の活性化にもつながります。
匠家は今後もペレットの普及に力を入れていきたいと思います。

←匠家スタッフ上島のインタビューが 掲載されています。
  (クリックで拡大します。)


匠家の新しいパンフレットができました!

匠家の新しいパンフレットが完成しました!!
匠家の家づくりがもっとわかる、内容充実の仕上がりです。

スタッフみんなで考え、社内で作り上げた手づくりパンフレットです。
家づくりへの想いが詰まってます♪


資料請求は ↓↓こちらのバナーからお気軽にお問い合せください。

「住む。」 no.39

 「住む。」 2011秋号 NO.39に 匠家の木材仕入先である
 栗駒木材さんの特集が掲載されています。

   =次世代に伝えたい、
              美しい森と家。=

 山を守り、森を育てる。 豊かな自然を次世代に伝える。
 匠家が賛同しているエコラ倶楽部の活動や 林業の現状など、とても興味深い内容です。
  


書店にて販売中。ぜひお手にとって見て下さい。

※匠家ショールームでご覧いただくことも 可能です。
 貸出も受け付けております。



芦安山岳館 ペレットストーブ設置しました

 南アルプス芦安山岳館へ
 ペレットストーブを設置しました。

 南アルプス市役所につづき、公共施設への
 設置は3カ所目になります。

 実際に見て、体感してもらうことで
 ペレットが環境にやさしいエネルギーで
 あることをたくさんの方に知ってもらえるように
 今後とも、ペレットの普及に
 力を注いでいきたいと思います。

 設置の様子が山梨日日新聞に
 掲載されました。

 ←※クリックで拡大されます。
    ぜひ、ご覧ください。



モデルハウス=凜= 山梨県建築文化奨励賞 受賞

匠家が施工した
モデルハウス =凜=

平成22年度
山梨県建築文化奨励賞を
受賞しました!!


景観上及び機能性等に優れた建築物等に贈られる賞であり、
建築文化の高揚を図り、魅力と風格のある文化的で快適なまちづくりを推進するため
実施しています。





H22.11/5
表彰式に参加してきました。

=凜= 紹介ページは コチラ
山梨県HP 平成22年度山梨県建築文化賞受賞作品は コチラ

ページトップへ