くりこまの木 放射能分析結果報告

 匠家では、宮城県栗駒地方で
 採れた木材を構造材に
 使用しています。
 
 東日本大震災による
 福島第一原発の事故後、
 木材は専門機関にて
 検査を受けており、安全性を
 確認しています。
 

 ←結果報告書のデータです。
 今後も定期的に検査を続けて
 いきます。
 


また、木の幹はほとんどが生命活動を終えた細胞から成っています。
根から水分や養分をはこぶ細胞は木の幹の外側にあり、構造材に加工する
段階で切り落としてしまいますので、内部に放射能が含まれる可能性は
非常に低いです。

みなさまが感じる不安を取り除くことができるよう
スタッフも日々勉強中です。
気になること、ご質問等ございましたらお気軽に
お問い合せください。


ページトップへ