毎年恒例「山へ恩返し」ツアーに行きました!


5月23日に宮城県鳴子にて、日本の森バイオマスネットワーク主催による植林活動に参加してきました。
「山への恩返し」として、今年で8年目になる毎年の恒例行事です。
匠家スタッフと協力業者さんにもご参加いただき、さまざまなつながりで集まった方々と、いざ山へ!


今回は約2500本の杉の苗木が
用意されていました。
家を建てるために使った分は
山へ返したい。
感謝の気持ちをこめて植えていきます。

植える場所のコンディションは
その年によってそれぞれ。
今年は斜面や沼地があり、去年よりも
ハードでしたが、みんな頑張りました!



苗木はとてもデリケート。
根っこが出ないようきちんと植えないと
根付かずに枯れてしまいます。

枝や石がごろごろしているので
穴を掘るのも一苦労ですが
数十年後、豊かな森となるように
一本一本ていねいに植えていきます。


予定していた場所に植え終わったので
次の植林の時期まで苗木をまとめて植えておく
「加植」という作業をしました。
この状態で、次の植林の時まで
苗木たちは出番を待ちます。


木の家をつくるつくり手として、
山の成り立ちを知り、体験し、
豊かな自然を次の世代へつないでいけるよう
「山へ恩返し」にこれからも積極的に
参加していきたいと思います。


ページトップへ